ドイツ生まれの機械刃物 ・ ツールシステム
木材・プラスチック・アルミ用  研磨サービス

ライツ企業グループ



ドイツ、バーデンヴュルテンベルク州オーバーコーヘンに本社を置くライツ株式会社は、ムク材・木質材料・樹脂加工用マシン精密ツールおよび工程設計ツールシステム分野におけるトップメーカーです。
ライツは、オーストリア、カップフェンベルクのBoehlerit GmbH & Co. KG社、ドイツ、オストフィルデルの Bilz GmbH & Co. KG社と共に、ライツ企業グループを形成しています。 Boehlerit社は、新機軸を打ち出した超硬/ダイヤモンド材質の開発・生産を専門としており、この関係で金属加工用特殊ツールの製造も手がけています。Bilz社はクランピング技術分野で操業しており、金属・木材・樹脂加工用高速マシンの焼嵌めクランピングシステムのトップメーカーです。

ライツ企業グループはヨーロッパ、アメリカ、アジアに生産拠点を構え、重要な産業が集中する場所や関連産業がもたらされる場所など、世界各地に多数の販売サービス会社を展開しています。従業員総数4,100人に上るライツ企業グループの総売上高は、年間4億6千万ユーロ以上に達します。

 

未来志向の技術

ライツ企業グループ各社は協力して研究開発を行い、相乗学習とグループシナジー効果を生み出しています。伝統的な木材・金属素材に加えて新しい複合材料が次々と開発されるため、その双方に対応できる革新的ツールが必要です。この点、ライツ企業グループ各社ともに、そのノウハウや開発力により - 会社にとってもお客様にとっても - 将来の業績見通しは有望であると考えます。ライツ企業グループの精密ツール製品ラインナップの幅広さ、奥深さは他に類を見ないもの。すぐれた専門知識を生かし、お客様や業界特有のニーズに合わせた特殊ツールの製作も行います。ライツのサービスは、カッター材質の開発から複合的ツールマネージメントにまで及びます。

 

The Leitz Online-Lexicon