ドイツ生まれの機械刃物 ・ ツールシステム
木材・プラスチック・アルミ用  研磨サービス

社会への取り組み

職人の技能に源を発し、世代を超えてその遺産を継承していくライツは、地域社会への文化的・社会的な貢献も特に大切であると考えます。

東ビュルテンベルクでは、昔から機械加工産業が経済的に重要な位置を占めていました。 企業競争力を高め、研究活動によって理解を深めるため、ライツは地域の他企業と共同でアーレン大学の生産工学機械加工学科に出資、寄附講座を開講しています。



地域社会が求めるものは、経済活性化だけではありません。1990年代初頭より、ライツは東ビュルテンベルクでジャズフェスティバル“Jazz Lights”(ジャズ・ライツ)を年に1回開催しています。世界中で若者を呼び集め、その創造力を育成していくことももちろん大切ですが、このジャズフェスティバルの活動を通じ、ライツは十分な資金を得られない芸術活動への支援の一端を担っています。

ライツは木材の真価を知っています。人類の自然への依存はもちろんのこと、木材・生物学・環境保護に関する技術情報、その他知るに値するすべてのことを、できるだけ鮮明かつ面白い形で伝えていくため、ライツは上オーストリア州リーダウのLIGNORAMA木材/ツール博物館の支援も行っています。
Lignorama